MENU

自動車ローンの返済が困難になってしまった場合には

自動車をローンで購入したのはいいものの、状況が変わって支払いができなくなってしまった場合にはとにかく早めに解決のために動かなければなりません。そのままにしていると何かと大きな問題に発展するケースがあり、特に自動車の差し押さえなどになると面倒にもなるために注意が必要です。

 

支払いができなくなる状況にはいくつかがありますが、単純に借金が増えてしまって支払いが自動車ローンまで回らないのであれば借金全体を見直す必要があります。借金は増えていなくても収入状況が変わってしまって自動車ローンだけの支払いができないのであれば、返済計画の見直しで何とかなるかもしれません。

 

ここで問題となるのは多くの借金を抱えてしまった場合で、自動車ローン以外にも多額の借金があればそれこそ残された道は自己破産しかありません。しかし、自己破産となれば財産の清算も必要となるために簡単には決められず、後々のことを考えるとできれば自己破産は避けたいものです。

 

多くのキャッシングローンなどの支払いがなくなる、または返済が軽くなれば自動車ローンの支払いは継続できそうといった状況なら、自動車ローン以外の借金を整理してしまえば良いのです。任意整理といった手続きであれば自己破産とは異なり全ての債務を整理しなければならないわけではないので、自動車ローンを残した借金整理が可能となります。

 

ローンの支払いができないと自動車ローンの整理と考えてしまいがちですが、焦らずに最適と思われる解決方法を弁護士との相談も含めて考えてみると良いでしょう。